シートSTEP1をご覧ください。
 
■ウィンドウの固定
まず、今後の作業の確認をしやすくするために、ウィンドウの固定をします。

やり方は、
1.21行目の行全体を選択
2.Excel2007では、[表示]→[ウィンドウ枠の固定]。Excel2003では、[ウィンドウ]→[ウィンドウ枠の固定]
で行うことができます。
これにより、ウィンドウを縦にスクロールさせた際に、スクロールされるのが21行目以下のセルになりました。

◆ATRの計算方法
次に、ボラティリティを測るためのATRを算出します。
 
ATRの計算方法は次の通りです。
1. 当日の高値-当日の安値
2. 当日の高値-前日の終値
3. 前日の終値-当日の安値
そして、この中から最も大きい値幅を「真の値幅」とします。
さらにここから、真の値幅の平均を単純移動平均線で求めたものが、ATR真の値幅の平均です。
 
■ATRをワークシート関数で表現する
次にATRをワークシート関数で表現してみます。
 
セルF21、G21、H21、I21、J21にそれぞれ次のように書きこみ、オートフィルでデータの入っている最終行までワークシート関数をコピーします。
 
F21 =C21-D21
G21 =C21-E20
H21 =E20-D21
I21 =MAX(F21:H21)
J21 =ROUND(AVERAGE(I17:I21),0)
 
これらの関数の意味は、
=C21-D21 「当日の高値-当日の安値」を返す

=C21-E20 「当日の高値-前日の終値」を返す
=E20-D21 「前日の終値-当日の安値」を返す
=MAX(F21:H21) 「F21、G21、H21」の中で最も大きい値を返す
=ROUND(AVERAGE(I17:I21),0) I17~I21真の値幅の5日間の平均値を返し、小数点以下を四捨五入した値を返す。
 
ということです。
 
※ここでは、過去5日間の平均でATRを算出しましたが、この値は任意です。また、21行目の時点では、過去の真の値幅の箇所はブランクになっておりますので、ATRが正確に算出されているのは、25行目以下になりますので、ご注意ください。

これで、J列にATRが求められました。