シートSTEP15をご覧ください。
 ここでは、sell損益、buy損益、そして、総合の損益を区別して損益曲線を描いてみます。
セルV21に次のように書きこみ、オートフィルでデータの入っている最終行までワークシート関数をコピーします。
=SUM(T21)+V20

セルW21に次のように書きこみ、オートフィルでデータの入っている最終行までワークシート関数をコピーします。
=SUM(U21)+W20

セルX21に次のように書きこみ、オートフィルでデータの入っている最終行までワークシート関数をコピーします。
=IF(T21<>"",X20+T21,IF(U21<>"",X20+U21,X20))

これらの関数の意味は、
=SUM(T21)+V20
Sellの損益に前日までのsell損益曲線の値を加える

=SUM(U21)+W20
buyの損益に前日までのbuy損益曲線の値を加える

=IF(T21<>"",X20+T21,
sell損益の列がブランクではないとき、前日までの総合損益曲線の値にsellの損益の値を加える

=IF(U21<>"",X20+U21,
そうでないとき、もし、buyの損益列がブランクでなければ、前日までの総合損益曲線の値にbuyの損益の値を加える
X20))
いずれでもない場合は、前日の総合損益曲線の列の値を返す

ということです。

そして、損益曲線を描くには、損益曲線のデータが返されているセル範囲を選択し、[挿入]→[グラフ]で可能です。